アガベ

アガベ播種

今回は私が普段行っているアガベの播種の方法をご紹介したいと思います。今回はオテロイの播種を行いました。

1.準備するもの

準備するものは以下の通りです。

  • 1.プラスチック容器(再利用のモノでも可)
  • 2.ティッシュ
  • 3.テープ
  • 4.アガベの種(オテロイ)
  • 5.育苗トレイ(その他の容器でも可)
  • 6.土(赤玉小粒、バーミキュライトを混ぜたもの)

2.播種

播種の方法は簡単です。プラスチック容器にティッシュを2.3枚敷き詰め水で湿らせます。その後アガベの種を並べていくだけです。私の場合はピンセットを使って種を並べていきます。

並べ終えたら種が乾燥しない様に蓋をしてテープで留めます。

播種後は20℃から25℃くらいの明るい場所で管理します。

3.発芽後

播種から数日経つと根が出始めます。

根が出始めたら育苗トレイに移してあげます。育苗トレイに移すときは深く植えない様にします。軽く根が隠れるくらいです。また、移すときに根に傷が付かないように気を付けましょう。

発芽して間もないうちは乾燥に弱いので土が乾かない様に注意が必要です。※大きくなれば乾燥に強いアガベですが、小さいうちは乾燥に弱いです。毎日水やりしましょう。腰水管理でもOKです。

また、発芽後は出来るだけ直射日光のあたる窓際で管理すると成長が早いと思います。直射日光があたらない場所で管理すると生育が悪くなります。※写真は別の種を播種した時のものです。

1か月程経つとこのような感じになります。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した方法は私の独自の方法です。特に一度プラスチック容器で発芽させてから育苗トレイに植え替えるのが面倒くさいという方は最初から育苗トレイに種を撒いても良いと思います。また、土についても人それぞれ違うものを使っていると思います。これが正解という訳ではないので自分でやりやすい方法で播種していただければよいと思います。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA